ママ友とのつき合い方

ママ友より育児ブログでの交流を求める人が増えている!?

更新日:

mamatomo

いくら仲の良いママ友でも、育児の価値観が全て同じというのはなかなか難しいと思います。

人は人、自分は自分という教育方針でいたとしても

他のママ友に私はこう思われているじゃないか?陰口をたたかれているのでは?などと

不安になる人も少なくないのではないでしょうか?

 

なかなか気の合ったママ友が出来ない、、

幼稚園に通い始めたらママ友がたくさん出来て

子供を預けたらそのママ友たちとお茶したり、一緒にスーパーへ買い出しへ行ったり

休日には家族ぐるみでバーベキューへ出かけたり、そんな想像をしていたのに

いざふたを開けてみれば、気の合うママ友がひとりもできない。。

 

昔から付き合いのあった友達は、子供どころか結婚の予定すらない人ばかりで疎遠状態

夫はというといつも仕事で遅く、子育てとは無縁の生活を送っており

育児相談をするどころか、話す相手すらいない。

なんだか自分だけ別世界にきてしまったと、孤独な毎日の中

自分の居場所を探して育児ブログをはじめてみました。

そんな人がいま急増しているそうです。

 

「母親の育児ブログがいま急増中!?」

ネットの世界とはいえ、コメントをくれたり、育児について一緒に共感し合えたり

こんな居心地のよい世界があったなんて、と

母親が書く「育児ブログ」が大人気だそうです。

リアル世界のママ友と交流するよりも、ネット上の交流を重視する点など

どちらが良いのか?悪いのか?判断が難しいところではありますが

今の時代の風潮を物語っていますよね。

 

どちらもメリット、デメリットはある!?

リアル世界のママ友とつき合えば、公園に行ったり外遊びをして

子供らしい毎日を送ることが出来ますが

ママ友同士で顔を合わせ、肌が合わないとストレスを抱えることも。

また育児についてぶつかって悩まされたり、陰口をたたかれる心配もあります。

 

ネット上での交流を重視すれば、直接顔を合わせなくてすむので、

嫌であれば無理につき合わずブロックすればいいので、わずらわしいトラブルは解消

ですが、それは所詮ネットの世界、心から向き合ってくれるママ友であるか

その本心は不明だったりします。

 

なにはともあれ、自分に合ったバランスで無理なくママ友とつき合っていくことが一番良い形かと思います。

「育児ブログ」は、ずっと残るものなので、子育ての記録としても重宝されますし

いつか子供が大きくなったら見せてあげると、喜ぶかもしれませんね。

-ママ友とのつき合い方
-, , , , , , , , ,

Copyright© 子育て情報ブログANO-NEあのね , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.